未成年でも、襟足脱毛の施術を受けることはできます。今の主流はクリニックで行っているレーザーやエステのフラッシュといった光を使った脱毛で、価格もかなり低くなっています。未成年でも襟足脱毛はお小遣いやお年玉でも払えるような額のクリニックやエステもあります。

しかし未成年者は法律によって、単独での契約が出来ないことになっています。都度払いであったとしても、提供されるサービスの特色上、契約といった側面が強くなります。

またなにかトラブルがあった時には、施術側は保護者に対して説明を行わなければなりません。その時に「保護者に知らせていなかった」では済まされなくなります。必ずといっていいほど、施術には保護者の同意書が求められますし、慎重なクリニックやエステであれば、直接保護者と話す確認を行っています。

ただし、成長期にある子供に施術することを極力避ける方針のクリニックやエステもあります。そういったところは、成長期はホルモンバランスも不安定ですし、身体もどんどん変わる時期です。

脱毛した部位に再び毛が生えてしまうといったことも少なくありません。そういったバランスが安定する時期まで待ってから施術を行う方がよいと考えているのです。受け入れ態勢があるクリニックやエステを選びましょう。